かんざし販売店

MENU

かんざしってどこで売ってるの?

かんざし,どこで売ってる

卒業式というと洋服で済ませる人もいますが、女の子だったらやはり袴を着たいものですよね。

 

袴はあまり普段履くことのないアイテムのため、バッグや草履、髪飾りなどの小物も合わせてかわいいものを選ばなければなりません。袴に似合う髪飾りといえばやはりかんざしです。

 

かんざしなんてどこで売ってるかわからないという人も多いと思いますが、呉服屋さんなどにあるかんざし売り場にはあまりたくさんの品揃えがないしお値段が高いことも多いので、かんざし専門のオンラインショップ「かんざし屋Wargo」などを一度見てみるといいですね。

 

かんざし屋Wargoにはとんぼ玉を使った高級なかんざしなど本格的なものもたくさんあるので、特別な日のために凝った髪型を演出したい人にもぴったり。

 

5,000円以上なら送料も無料です。せっかくだから本物を身に付けたいという人にはシルバーのものがおすすめですよ。この他にも津軽漆唐塗や会津の漆花塗などいいものが揃っています。

 

また、Wargo以外のかんざしを見てみたいって方は、楽天で買えるかんざし売り場を以下にまとめましたので興味のある方は立ち寄ってみて下さいね。

楽天で売ってるかんざし販売店をまとめました

髪飾り本舗

成人式七五三かんざし 髪飾り本舗

卒業式に着るのは袴と決めたけれど、髪飾りを選ぶのがけっこう大変なんですよね。リボンやバレッタはいろいろなお店で扱っているけれど、かんざしとなるとお値段も高いし品揃えも少ないし…そんな人におすすめしたいのが「髪飾り本舗」。

 

髪飾り本舗は楽天に出店している、髪飾りなら何でも揃う専門店です。かんざしは一本だけ挿すと地味な印象になるので二本セットで挿した方がいいのですが、髪飾り本舗なら二本セットでリーズナブルなものがいっぱいですよ。

 

これなら卒業式の当日もみんなに差を付けられそうというオリジナルデザインも豊富なんです。

 

特につまみ細工のかんざしはシルク製でボリューム感があるので、豪華なイメージに仕上がります。髪の毛が長くてボリュームのある人は軸が長めのかんざしの方がしっかりと髪がまとまりますよ。

 

⇒髪飾り本舗のかんざしを見てみる

花みやび

着物・浴衣・花みやび 楽天市場店

大学の卒業式といえば女子はスーツか袴という人がほとんどですが、統計を取ってみると「袴を着る予定」と答えた女子は全体の約75%だとか。

 

袴を着るとなるとバッグや草履、髪飾りなども自ずと華やかになるので、一生の記念になるような思い出を作りたいのであればやっぱり袴の方がおすすめかもしれません。

 

かんざしはオンラインショップで探す方がリーズナブルでいいデザインのものが見つかりやすいものです。オンラインショップの中でも特におすすめなのは「花みやび」。花みやびなら5,000円以内でもかなりあでやかで見映えのするかんざしを購入することができます。

 

花みやびは創業73年を誇る北海道札幌市の老舗の呉服屋さんだから、扱っている商品も本物です。本格的なちりめんのつまみ細工にスワロフスキーを散りばめたかわいいかんざしなんかも15,000円ぐらいでありますよ。

 

⇒花みやびのかんざしを見てみる

マリエフルリール

マリエフルリール

大学の卒業式にはお友だちとお揃いで袴を着ることに決めたけど、髪飾りをどうしようか迷っているという人には日本女性が古くから身に付けてきたかんざしがやっぱりおすすめ。

 

かんざしは呉服店などで売っていますがお値段が高いことが多いので、まずはオンラインショップでいろいろと品定めをするのがいちばんですよ。

 

同じかんざしでも個性あふれる、人とは違ったものが欲しいというのであれば「マリエフルリール」のものがおすすめです。マリエフルリールでも特に人気の高い商品は「大正ロマン 大人の和細工ビジューかんざし」シリーズ。

 

和ビーズや透かしパーツ、水引を巧みにあしらったかんざしや髪飾りは大人っぽいイメージの女子にぴったりなんですよ。オーダーメイドっぽいワンランク上のおしゃれなデザインなので、結婚式のお呼ばれにも使えますよ。

 

⇒マリエフルリールのかんざしを見てみる

京都うさぎ堂

京都うさぎ堂

大学の卒業式を控えている女子にとって、式当日にどんな服装にするかは頭の痛い問題。

 

袴を着るのは一生に一度だけという人がほとんどなので袴レンタルを利用する人も多いと思いますが、レンタルは少なくとも卒業式の6ヵ月ぐらい前までに予約を入れておかないと気に入った色の袴をキープしておくことができません。

 

袴というと髪型にも凝らないとバランスが取れませんが、一生に一度の大切な日ならおしゃれなかんざしを選びたいものですね。

 

かんざしはバレッタやリボンなどの髪飾りのようにあちこちのお店で売っているというわけにはいかないので、かんざしの専門店で探すことをおすすめします。かんざしを数多く扱っているオンラインショップはいくつかありますが、中でもおすすめなのが「京都うさぎ堂」。

 

本格的なつまみ細工のかんざし二本セットでも10,000円以内で購入することができますよ。

 

⇒京都うさぎ堂のかんざしを見てみる

大喜賑

大喜賑(おおきに)

大学の卒業式は成人式にも劣らない、晴れの舞台。洋装のスーツも悪くないけれど、袴の方がバッグや草履、髪飾りなどといったアイテムでいろいろと遊ぶことができます。

 

草履や足袋は呉服店で購入するにしても、問題なのは髪飾り。和装用の髪飾りはデパートの呉服売り場などにもありますが、品数が少なくお値段も高めなところがネックですね。

 

数多くの中から気に入ったものを選びたいというのであれば、何と言ってもオンラインショップがおすすめです。「大喜賑(おおきに)」は1,000円台からのおしゃれなかんざしがいっぱいあります。

 

華やかなパール付きの日本軸かんざしなどもデザインが豊富なので、着物と袴の色に合わせてぴったりのものを選ぶことができますよ。

 

⇒大喜賑のかんざしを見てみる

かんざしと髪飾りの違いってなに?

かんざし,髪飾り,違い

卒業式となると女子ならやっぱり袴を着たいと思うのは当然のことですよね。袴を着るとなると草履や足袋、バッグ、髪飾りなど小道具を揃えるのが大変。

 

袴に似合う髪型はアップスタイルが主流ですが、どんな髪飾りにするか考えるのも楽しみのひとつですよね。髪の毛がそこそこに長い人なら大きなシニョンに結って簪(かんざし)をあしらうのも素敵です。

 

髪飾りとかんざしは厳密に言うと違いがあります。髪飾りにはかんざしはもちろんのこと、他にもリボンや飾りの付いたヘアピン、バレッタ、くしなどがあります。

 

かんざしだけではなくてバレッタなども組み合わせて華やかな髪型を演出する方法も。袴に最も似合うのは布にボリューム感を持たせて立体的に組み合わせた「つまみ細工」です。

 

お値段は5,000円前後からありますので、袴と着物に合わせた色やデザインを研究してみるといいですね。梅や菊、桜などの伝統的モチーフが多いつまみ細工のかんざしは一本持っていると結婚式のお呼ばれなどにも重宝します。